予防歯科

予防歯科

今まで歯科医院は、歯が痛くなってから行くものでした。
しかし、虫歯になってから歯を削る、神経をとる、歯を失ってからでは手遅れです。

また、歯周病で溶けた顎の骨は元には戻りません。
その為、最近では、歯が悪くならない様に、予防していく事が重要となってきました。

残念な事に、日本人の歯科医院のイメージは、
「痛くなったら行くところ」というのが現状です。
その為、日本の定期検診の受診率は10%以下です。

それに比べ、世界で一番予防が進んでいるスウェーデンでは、
定期検診率が大人で80%以上、子供にいたっては100%近くが定期検診を受けています。
他の先進諸国でも70%ほどの受診率が一般的になってきました。
当院では、患者様との十分なカウンセリングにより、
信頼関係を築き、モチベーションを高める事を目標としています。

プラークとは?

プラークとは、歯の表面についた白っぽいネバネバで、生きた細菌の大集団が苔のようにへばりついているものです(細菌バイオフィルムとも言う)。歯みがきをして食べカスだけ取っても、ねばねばと付着しているプラークはなかなか取りきれないため、毎日歯をみがいても虫歯や歯周病になることが少なくありません。

歯石とは?

歯石とは、プラークに唾液中のカルシウムやリン酸が沈着して石灰化したものです。この状態になると、歯ブラシだけではとても取り切れません。更に、表面がザラザラしているので、その上にもまたプラークが付きやすくなり、虫歯や炎症ある場合はさらにひどくなったり、口の中の状態を悪化させてしまう原因になります。

大切な定期健診


染め出し例

歯科においては、治療より定期検診、更に言うならば、定期クリーニングがお口を守るのに重要となります。お口の状態により、定期検診の期間は、1ヶ月~6ヶ月毎と、患者様に合わせて設定します。
主に歯周検査、ブラッシングの再確認、歯石除去や歯のクリーニング(PMTC)を行ないます。

普通の歯ブラシでは除去できない歯の表面に付着したバイオフィルム(細菌の塊)を器械的に取り除き、歯周病や虫歯の発生の予防を目的としています。

  • 各国の、定期的な歯科検診・クリーニングを
    受けている人の割合
  • 各国の、80歳の残存歯数